ミク

2018年10月07日

猫連れOKの宿「洋風民宿ひつじの詩」上富良野の隠れ家ペンション

おはようございます。
ネクストフーディストのミクぽんです。

久しぶりになってしまいましたが、前回に引き続き猫連れOKの宿をご紹介します。


本日のお宿は洋風民宿ひつじの詩(公式ブログ)さん。上富良野にあるペンションです。こちらに4泊して拠点を置き、いろいろなところへお出かけしました。

オーナーのなおこさんがひとりで運営されています。今回は6月中旬という観光には微妙なシーズンだったこともあり、宿泊中ほかのお客さんに会うことはありませんでした。

お部屋はこのような感じです。今回は散らかす前に撮れました。

1600DSC_1483

1600DSC_1484

壁面収納や、やや不安定な作りのテーブルなど、やんちゃなねこ連れには少し不安な要素も。

16DSC_1223

1600DSC_1642

1600DSC_1676

ちょっと心配になってしまいましたが、ミクは意外にもおりこうにしていてくれました!粗相はもちろんしませんでした。テーブルやソファに乗っかってしまうことはありましたが、基本的には床や自分のケージ内で過ごしてくれたので助かりました。

4泊もしたおかげか、もう自分の家!って感じで寛いでいてくれました。

1600DSC_1486

1600DSC_1485

水周りです。脱衣所と洗面、トイレは一緒。隣にお風呂があります。ものすごい手作り感のあるお部屋です。このバスタブが厄介で、お湯を張らずにシャワーだけしていると傾きますwうっかり端っこに寄ろうものなら、ガッタン!!!!!と。最初は壊してしまったかと驚きましたが、まあ慣れましたw

それと虫にホコリですね。ちょっと気になるレベルでした。浴室に蜘蛛が立派な巣を作っていたので、申し訳ないが破壊させていただきました。

雑でズボラなくせにプチ潔癖なので・・・細かいことが気になってしまいます。もっと大らかになりたい。

大らかと言えばなおこさんはまさにそれ。とっても気さくなお姉さんで、わたしたちにはもちろんミクにも「猫殿~」と話しかけてくれました。

ほかに宿泊客がいなかったのと猫連れということで気を遣っていただき、食事はすべて部屋食でした(予約時にいは食堂にお越しくださいと案内がありました)。上げ膳据え膳でおいしいお食事を堪能できました。

お食事は本当に美味しかったですよ~!どれもなおこさんの手料理です。4泊して一度も同じメニューがありませんでした。しかも、何を食べたいかリクエストを聞いてくださるんですよ~!

ちなみにリクエストしたのは「北海道の鹿肉」と「この辺の野菜」。

1600DSC_1499 

1600DSC_1681

鹿肉はどちらも朝食にいただきました。鹿のソテーと、鹿ハンバーグです。なんでも猟師さんから分けてもらったお肉があったそうで。なおこさんちの猫ちゃんズのおやつになる予定だったそうですが、わたしたちもご相伴にあずかりました。

1600DSC_1633

1600DSC_1594 

1600DSC_1595

1600DSC_1634

1600DSC_1635

夕飯のコース料理いろいろ。

上富良野の野菜はディナーで!

やっぱりアスパラやじゃがいもなど、とても美味しいです。まったく繊維がなくジューシーなアスパラはなかなか食べられません。そして初めて食べたのがボルシチ!ビーツです!!市場で買ってきたビーツで手作りしてくれたボルシチ・・・。ほんのり酸味があって優しい味。なおこさんってなんでも作れるのね。

1600DSC_1615

1600DSC_1637

1600DSC_1638

1600DSC_1682

朝食のメニューも、手作りパンも毎朝ちがうものが出てきました。すごい・・・

さらにコーヒーと紅茶までたっぷりついてきます。飲みきったもののお腹がたぷたぷになるくらいの量だったので、次の日からは紅茶は遠慮させていただくくらいでした。

1600DSC_1636

ディナーのデザートも。

ほんとになんでも作れて、しかもおいしいんだからすごいです。

1600DSC_1687

サイトにはドッグランとなっていたスペース?は、なおこさんちのわんちゃんが住んでいたので、ミクは入りませんでした。そのかわりお庭を散歩。なおこさんはお花も好きなようで、いろんなお花が咲いていました。

今回なおこさんの了承を得て、ミクは何度かお部屋でお留守番してもらいました。さすがに猫連れで行けるところばかりではないのでね。車に置いて行く手もありましたが、お部屋が落ち着くようなので残ってもらいました。

1600DSC_1551

ここは歩いてすぐの深山峠アートパーク。その名の通りアート作品の販売コーナーや、美術館などがありました。トリックアート美術館はなかなかおもしろかったです!謎のフリマ(掛け軸とか、何十年前の?って感じの家電とか売っていた)も開催されていてフリーダムな雰囲気でした。

1600DSC_1583

絵描きのおじさんにもらったラベンダーと、ハスカップのアイス。アイスは美術館のクーポン的なものでもらえました。

1600DSC_1619

甘エビ丼は宿から北に走ること片道3時間半。

甘エビをこれでもかと堪能できました。おみそ汁に入っていたあおさがとても美味しいのでお土産に買ってみたら、三重県産でしたw

1600DSC_1629

どこかで買ったほぼジュースのお酒。

PANORAMA_IMG_20180617_050844

早朝から雲海を見にいったのですが、天気が良すぎて雲がない。ほぼ曇天だったくせに、こういうところだけ晴れてしまう運の悪さ。


このほか十勝地域や青い池などを見て回りました。長くなってしまうので、別の機会にでもご紹介します。


洋風民宿ひつじの詩 

◎オーナーが犬猫飼いで動物について詳しい。理解がある。
◎オーナーの人柄。
◎食事が美味しい。
◎オーナーのおうちにお邪魔している感。
◎ちかくにお花畑がいくつかあり、観光には困らない。
◎見上げれば星空、天の川だそうです(残念ながら曇りで見えませんでした)。
◎ペット脱走防止の柵があるものの、猫は飛び越え可能(うちはテーブルで塞ぎました)。
◎駐車場無料。

◎お風呂のタオルは交換してもらえるが、小さいので持参が吉。
◎アメニティはないので用意する必要がある。
◎Wifiはなし。
◎最寄りのコンビニは車で10分かかる。スーパーもなし。
◎お部屋に細かい飾りがあったりホコリが積もっている箇所があるなど、動き回るペットにはやや不安な点も。




猫連れ旅行をお考えの方の参考になれば幸いです。

ネクストフーディスト



miku_mainecoon at 08:00コメント(0) 

2018年07月13日

猫連れOKの宿「ホテルテトラ湯の川温泉」函館市内の温泉つきビジネスホテル

おはようございます。


前回に引き続き、猫連れOKの宿をご紹介します。




本日のお宿はホテルテトラ湯の川温泉さん。




青森のフェリー乗り場近くでほたて刺を食べ


16DSC_1392 


盛り付け放題の海鮮丼を食べ


16DSC_1391 


いざフェリーで北の大地へ!!!


16DSC_1393 


あいにくのお天気ですが張り切って予約したビューシート。


16DSC_1395


先頭からの景色が楽しめる席です。コンセントもあり、船内はWifiもあるためとっても便利。繁忙期でないためか、ほとんどお客さんがいませんでした。


船旅は4時間ほどです。

この間、ミクは車内残留。初めてのフェリー旅はあまり心地の良いものではなかったみたいです。やっぱり、音と振動がけっこうあって・・・。北海道に着いたらねこトイレの中で丸くなっていました。


小型犬は船内に連れて行くことができるみたいですが、猫は不可。車のよく見えるところに「ペットがいます」という紙を置くように言われます。乗るのも降りるのも一般車の中では一番最初でした。


詳しくは津軽海峡フェリーの公式サイトがあるので、良かったらリンク先を見てください。





さて、ようやく北海道に着き、港から20~30分くらい走ったところにホテルテトラ湯の川温泉がありました。ビジネスホテルの別館がペット対応ルームのようです。


ペットルームは2部屋しかありません。楽天トラベルにも記載されていますが、ペットルームを希望の場合は事前に電話連絡が必要です。決済も現地支払のみとなりますので気をつけてくださいね!


フロントのお兄さんお姉さんは動物が好きのようで、行きにミクを車に置いたまま行ったら「アレ、ねこちゃんは・・・」との反応でしたので、帰りはミクをしょっていきました(本州→函館の日と、函館→本州の前日の2回お世話になりました)。ちょっと撫でてもらって、ミクもリラックスできたと思います。フロントさんたちも嬉しそうで何より!




気になるお部屋は。



16DSC_1856



ごく普通のビジネスホテルのツインルームです。



16DSC_1857 



扉を開けるとすぐ廊下や外への階段があります。階段への扉が開けっ放しになっていたので、ペットが逃げ出さないように気をつけないといけません。外は交通量の多い道路がすぐありましたので、脱走したら大変危険です。


16DSC_1405



行きにはこのペット用ケージが用意されていましたが、帰りには何故かなかったw手持ちのケージを展開したので特に困りはしませんでした。フロントにお願いしたら貸してもらえるのかもしれません!



16DSC_1223 






16DSC_1401



特にねこ連れさんには嬉しい、壁の引っかきキズ。ベッドに乗せるのはNGですが、部屋全体から過去のペットさんたちの気配が感じられます!


お風呂は部屋風呂または温泉です。

大浴場はコンパクトですが、内湯と半露天風呂があります。とっても温まる掛け流し温泉は最高~~~!!!ミクのことは一瞬忘れてゆっくり温泉を満喫しました♡

素泊まりで一泊ペット込みで¥15,000。屋根つきまたは青空の駐車場も込みです。

近くにはイオンやコンビニ、飲食店もあるので不便はありません。函館山へも近いので、わたしたちも夜景を見にいきました!




ホテルテトラ湯の川温泉 


◎空港から車で5分、フェリー乗り場から20~30分
◎大通り沿いで物資調達に便利
◎洗濯機・乾燥機あり
◎掛け流し温泉あり
◎浴衣や基本的なアメニティあり
◎wi-fiあり
◎わたしたちの行った日は動物好きフロントスタッフがいた
◎素泊まり+ペットで一泊¥15,000+ニンゲンの入湯税¥150×人数分現地決済

◎部屋は狭い。
◎バス・トイレ一体で狭い
◎駐車場は屋根つきと青空があり早いもの勝ち。屋根が低く、ラゲージルームの扉が当たったので車種によっては要注意。背の高い人も要注意。
◎ペットルームは電話予約のみ受付。ネット予約はできないため要注意。



公式サイト 


猫連れ旅行をお考えの方の参考になれば幸いです。

miku_mainecoon at 07:30コメント(0) 

2018年06月30日

ミクとけいすけ

こんばんは。


この記事ははぎねこ成長記録からの転載です。

保護猫のことが書いてあります。

元記事はこちらです



猫しっぽ猫からだ猫あたま





しばらくは飼い主目線でお届けします。



現在けいすけは隔離中です。

猫同士を接触させるのはワクチン接種後になりますが、今日少しだけ対面させてみました。


ミクは興味津々です!


1530313910962


大きな目を見開いて、真顔でけいすけを凝視するミク。



1530313918227



けいすけも一応ミクの方を見ていますが、すぐに小屋に戻ってしまいました。

見えているのかどうなのか、よくわかりません。

病院では、目は見えているようだとは言われました。



DSC_2047 



撫でてあげるとご覧の通り。


ころんとお腹を見せてくれる無防備な子です。




午後はけいすけのシャンプーをし、ダンボールハウスから新しいケージに移ってもらいました。


トイレもダンボールからミクのおさがりに。



20180626223506374 



このように、ミクには少し小さくなってしまったので・・・


ミクにはこのトイレの大きいサイズを買ってきました。



昨日外ではガツガツ食べたけいすけですが、家に来てからいまいちフードを食べません。

しっかり食べて、大きくなって欲しいのだけれど。


がんばれけいすけ!




元記事はこちらです 


miku_mainecoon at 20:23コメント(0) 

2018年06月03日

おうち焼き肉でワニ肉を食べました。猫も喜びBBQにもおすすめ!

おはようございます。

タイトルからして不穏な雰囲気が漂いますが、先日おうちで焼き肉をしました!←そこじゃない


いまは貴重な存在である「町のお肉やさん」に行き、いろんなお肉を仕入れましたよ♡



DSC_1133


黒マジックはお店の人が書かれたものです。わたしが「とんとろ!!!!!」って書いたのじゃなくてよ。


豚トロ、青森牛、豚ホルモン、ワニのほほ肉、ぽんじり、うさぎ、赤身の馬刺し、ネギマ。

変わったものばかりw


というのも、このお店のウィンドウには「カンガルー」「鹿」「ワニ」「キジ」など非常に興味深いポップが貼られていましてね。せっかくなら冒険してみようと、珍しいお肉を買ってみました。



公式サイトがありました。よかったらリンクを見てみてください。



ぽんじりとうさぎは冷凍庫に。

この日のメインはなんと言っても青森牛!!!!!←ワニじゃないんだ


おいしい和牛です。青森からはるばるやってきたんだそうで、牛はめっちゃイイ肉をとリクエストしたのがこのお肉でした。肉を切り分けるオヤジさんもテンション高まってたw




これが、ワニ。


あの、ごっついワニの風貌からは想像もできない美しい身です。



DSC_1136 


ピンクの部分がお肉で、白い鶏皮みたいな部分は脂身です。

半冷凍状態のところを薄くスライスしました。



これを焼くとこう。


DSC_1139 


脂身が少ない部分は、鶏むね肉のような感じ・・・。ワニだよと言われなかったらわかりません(わかったらすごい)。黙って出されたら多分鶏むねだと思って食べます。


肉にクセや臭みはありません。塩で問題なくいただけます。塩&コショウ、塩&わさび、タレといきましたがわさびが一番おいしかった。


DSC_1140 


ミクにも味なしをひと切れお裾分け。

ふだんフード以外には鶏むね肉しか食べないミクもガツガツ食べました。あまり食に関心がないのに、ワニにはめっちゃ食いついた。




鶏むねと明らかに違うのが、脂身。焼くととろ~~っととろける、なんとも言えない食感です。お肉部分だけだと少し物足りないけど、この脂が独特。脂身つきの肉を食べると「これは何の肉だ?!?!」という感じになりました。


個人的にはとてもすき。


部位によって値段は異なりますが、この日買ったほほ肉は写真の量で¥1,400程度。そんなに高いものではないので、BBQのネタ食材にしてもいいかもしれません!絶対盛り上がります。




なお、ワニは少し余ったのでから揚げにして食べ切りました。

このから揚げがまたおいしかったので、後日レシピを載せるつもりでいます。



ワニ肉の たたき(ワニ肉、オーストラリア産)2人前、200g。BBQや、焼肉、鍋partyに。他に珍しいサプライズ肉4種類も揃えています。
ワニ肉の たたき(ワニ肉、オーストラリア産)2人前、200g。
BBQや、焼肉、鍋partyに。他に珍しいサプライズ肉4種類も揃えています。



ぜひお試しあれ。




miku_mainecoon at 08:30コメント(0) 

2018年05月22日

りんご酢キャベツをどうにかしたい。

おはようございます。

万年ダイエッター歴10年越えのわたしです。

気になっていた「デブ菌殺し」の酢キャベツを作ってみました。


きっとわたしの全身はデブ菌でできてるんだろうな。それくらい痩せていたことがありません。わたし自身がデブ菌みたいなもんだろうな。酢キャベツを食ったらわたしも滅されてしまうのだろうか。それならそれでよし。


りんご酢キャベツ


DSC_0947





詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…



デカデカと載せておいて申し訳ありませんが、これくっそまずいです。

これを毎食100グラム食えとかムリ。ほんと無理。完全な無理ゲー。提唱したヤツの首根っこを掴んでこれが本当に実現可能なプランなのか問いただしてやりたい。


わたしが酸っぱいの嫌いだからとかの問題ではなく、まずいです。旦那もまずいって。

まずい・・・と言うか、痛い。


飲み込むと、喉がビリビリーーーーーーーーとします。

このためにりんご酢をわざわざ買ってきたのになぁ。


とりあえず、塩昆布とごま油を混ぜて(いつものやつ)なんとか食べました。でも、小鉢に一杯くらい。100グラムはしんどいぞ。ダイエットはしんどいって知ってるけど、これは苦行だわ。



酢がだめなのかな?もっとイイやつを使えってか。

おいしく酢キャベツ生活を送っている方がいらしたら、ぜひコツを教えてくださいm(*・´ω`・*)m



猫しっぽ猫からだ猫あたま



お口直しに。


DSC_0952


ダイエット用フラフープの中でくつろぐミクです。

かわ!





miku_mainecoon at 07:30コメント(0) 
プロフィール

ミクぽん

2018/4 ネクストフーディスト1期生

2009/4 金融機関
2014/1 結婚
2015/9 専業主婦
テキトー・ズボラ・めんどくさがりですが食欲旺盛なので自炊しています。カルディやコストコ巡りが好きで、珍しいものに惹かれます。
趣味はフィギュアスケート観戦(ライストがメイン)です。愛猫のメインクーンもときどき登場しますので見てください♡

レシピブログ
皆さんのステキなレシピがたくさんあります。
  • ライブドアブログ