お出かけ

2018年11月04日

「月にうかれて」買ってみました。辛口評価 

おはようございます。
ネクストフーディストのミクぽんです。


萩の月というお菓子をご存知だろうか。

ふわふわのスポンジケーキにクリームが包まれた宮城県は仙台の銘菓であります。

今ネットで検索したら通販しているのを見つけてしまったわけですが、今までは通販はしていなかったような・・・気がしたのですが。時代は変わったのですね。

わたしにとっては現地でしか買えないレアお菓子であったため、萩の月に似たお菓子を見つけるとついつい手に取ってしまうクセがあるのです。


今回見つけたのはですね、「月にうかれて」というお菓子です。ナルトのSAで見つけました。鳴門金時や淡路島玉ねぎのお菓子にまぎれて、隅の方で静かにたたずむ「月にうかれて」

最初に断っておきますが、辛口評価になってしまいました。フラットな気持ちでいただいたつもりですが、つい類似商品と比べてしまいまして。

1600DSC_0328

満月が浮かんでいますが、浮かれた感じはまったくしない、落ち着いたパッケージです。カスタードとミルクのダブルクリーム。6個入りで¥950とそこそこのお値段がします。高級路線なのかな?

1600DSC_0330_1

たぬきが浮かれて踊っているようなシルエットが可愛い!

1600DSC_0329

原材料

カスタードフラワーペースト(糖類(水飴、砂糖)、植物油脂、澱粉、その他)、鶏卵、練乳クリーム(還元水飴、植物油脂、砂糖、発酵乳、脱脂粉乳、その他)、砂糖、小麦粉、異性化液糖、乳等を主要原料とする食品、植物油脂、水飴、加工澱粉、グリシン、乳化剤、香料、リン酸塩(Na)、増粘多糖類、保存料(ソルビン酸)、甘味料(スクラロース)、酸味料、安定剤(増粘多糖類)、着色料(V.B2、カロテン)、(原材料の一部に大豆を含む)

いろいろアレコレ入っていますが、日持ちするお菓子なので。

1600DSC_0008

サイズは縦31cm×横13.5cm×高さ5.5cm。この数値はお店の商品ページから持ってきたので間違いありません!3~4口くらいで食べきれる可愛い子です。

気になるお味ですが、スポンジのふんわり感が、残念!

上の方はふわふわなのですが、下の方がつぶれています・・・。1個だけではなく、わたしが食べた3個全部。生地が圧縮された感じになってしまっているので、肝心のふわふわ感がありません。むしろぎゅっと詰まってかたい。残念すぎます。

クリームはカスタードとミルクの2種類ですが、どちらもねっとり。あまり味の違いがわからないダブルクリームです。パッケージにあるような、滑らかなクリームという食感ではありませんでした。まぁ日持ちする系のお菓子あるあるではありますが・・・。

卵の味も、ミルクの味もうっすら。コーヒーとも紅茶とも合う味と思います。緑茶は煎茶なら合うかな。ほうじ茶も良さそう。中国茶は合わん。ルイボスティー?あまり合わん。甘さはしっかりあるので、甘みのある飲み物は(好みでしょうが個人的には)合わなさそうと思いました。


ダブルクリームですし、そもそも萩の月とは別物なのですが、なんとなく萩の月を連想しながら食べてしまったのがいけなかった。まっさらな気持ちで食べたらおいしかったのかもしれません。

それでも、潰れたスポンジはよくないな。もちろん、買ってきたその日に食べたのですよ。


パッケージが素敵なので、お土産にするには良いのかも。ぱっと見は高級っぽく、開けたら可愛い。お値段も高すぎず、安すぎず。自分のおやつならふわころで十分(結論コレ!)。

そもそもこんなに厳しくお土産をチェックする人なんていないと思いますから。子どもは間違いなく好きな味だと思うし、年寄りが喉に詰まらせそうな危険なタイプでもありません。コーヒーにもお茶にも合いそうなので、3世代一緒に食べましょ!ってなっても安心のお菓子です。ほっと和む味で、小麦・乳・卵・大豆のアレルギーがない方ならおいしく召し上がれるかと。

もし月にうかれてを萩の月ジェネリックとして買おうとする方がいたら・・・。参考になれば幸いです。

ネクストフーディスト



miku_mainecoon at 08:00コメント(0) 

2018年11月03日

日帰り!大塚国際美術館へ行ってきました

おはようございます。
ネクストフーディストのミクぽんです。

日帰りで大塚国際美術館へ行ってまいりました。車で。日帰りです。愛知から徳島まで。

4時間半かけて行き、4時間絵画を見て、4時間半かけて帰ってくる。

夫婦+夫の祖母のチームで。丸1日かけた弾丸ツアーでした。

1600DSC_0273

この日は晴れ。

美術鑑賞に天気なんて関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、ここは違います。

この美術館の展示はすべてレプリカ。本物はひとつもないというところが大きな特徴です。現地で本物の撮影をし、陶板(タイル)にプリントしたものが展示されています。レプリカということで、絵画の前にロープやガラス板もなければ、ものものしい雰囲気の警備員もいません。絵の具の凹凸まで忠実に再現されており、実際に触ることも可能です。美術館で絵に触れるなんて、普通に考えたら絶対にできませんよね。

美術館というと湿っぽくて暗い雰囲気というイメージが、個人的にどうしてもあるのですが・・・。大塚国際は美術のことなんてな~んにも分からないわたしたちでも楽しめる美術館です。館内も明るく、わりと皆さんおしゃべりしながら見学しているので、シーーーーーンと重い空気でもありません。

実は4回目の訪問なのである(うち2回は閉館であった)。


この写真は目玉展示のひとつであるシスティーナ・ホールです。世界遺産であるバチカン市国にあるシスティーナ礼拝堂を完全再現した展示です。本物は予約制で15分しか滞在できないそうですが、ここなら見たい放題ですよ。両サイドのバルコニーのほか、本物にはない箇所にもバルコニーがあり、いろいろな角度から見学することができます。

1600DSC_0275

前回訪れたときは(2016年2月)歌舞伎公演と被っており、このホールは見られなかったのです。

160023 - 12

ちなみにこの日は結婚式が執り行われたようで、新郎新婦を見かけました。スクロヴェーニ礼拝堂にて挙式→システィーナ・ホールでお写真撮影やフラワーシャワー(一般人も参加可)を行うそうですよ♪

お幸せに♡

160023 - 2 (1)

スクロヴェーニ礼拝堂は床の汚れまで再現されているっていうのですから、もう驚きしかありません。


こちらは屋外展示です。

1600DSC_0281

モネの「水の庭」をイメージしたもので、ぐるりと一面展示があります。展示の周りには池と蓮。本物なら絶対にできない展示方法ですよね!レプリカ陶板だからこそできる素晴らしい作品です。ここが、お天気が大切な理由。前回は雨でして、それはそれで素敵だったのですが、やはり晴れも見られてよかった!モネが好きだった日本のお庭が再現されており、春は藤が咲くようですよ。見てみたいものです。

23 - 10 (2)

23 - 5 (2)

最後の晩餐の「修復前」が見られるのは大塚国際美術館だけです。修復前は何人もの画家が上書きした状態だったそうで、修復師なる方が20年もの時間を掛けて本来の色を取り戻したのだとか。修復後(下)ではキリストの口が開いていて、「この中に裏切り者がいる。」と言っているシーンであることがわかります。


到着がお昼ごろでしたので、このあたりでお昼にしました。

1600DSC_0284

レストランで「最後の晩餐」というメニューをいただきました。

地物の鯛や牛肉を中心としたワンプレートです。絵画のイメージから、まるパンとぶどうジュース(ワインかジュースを選べます)が一緒についてきます。

これで¥1,800。ちょっとお高いけどまぁ美術館価格だし仕方ないよね~と。ところがコレ、お肉がとてもおいしかったです。ほどよい焼き加減で、と~~~っても柔らかい♡ソースがデミグラス缶みたいな味だったのがアレでしたが、お肉は本当においしかった。

鯛はちょっと焼きすぎたのかパサパサでした。小鉢に入ったワカメとマヨネーズとバター?のソースのようなものをつけたり、テーブルのオリーブオイルをかけたらしっとりしてまぁまあな感じに。お肉は負けたけど、お魚は知多半島の勝ちかしら?w

ちょっと張り合ってみちゃったけど、こんなにおいしい食材の宝庫、うらやましい!ぶどうジュースも今まで飲んだもので1番おいしかった!もうワインはやめてぶどうジュースにしてもいいなって思えるくらい、ぶどうが濃くて、甘すぎず渋みもほどよくあっておいしかったです。


お昼を食べてからは急ピッチで見学。

古代ははしょってしまいましたが、それ以外は全部回れたと思います。わたしは古代の壁画みたいなのや宗教画はあまり興味がなく、人物画や風景画など(ぱっと見てわかりやすいものね。実際は解説を聞くと奥深すぎることもありますが)が好きです。キリストの絵が続くコーナーは正直眠かった・・・なーんてw現代から近代、ルネッサンス期と時代ごとになっているので好きなところだけ見ることもできます。

展示の写真撮影もOKなんですよ。これも普通ではありえないことですね。今回は時間が少なめということであまり写真は撮っていませんが、かわりにコスプレコーナーで遊びました。ちょうどゴッホをテーマにした展示のイベントがありましてね。ゴッホになりきれるコーナーとかゴッホのお部屋を再現した展示とか、7つのひまわりが一度に見られるとか(7種類あることすら知りませんでした)、ひまわりになりきれるコーナーなどなど・・・ゴッホずくし!

1600DSC_0298

コーヒータイムもゴッホですwゴッホのお手拭にゴッホマグ、ゴッホチョコレートが乗ったカスタードプリン♡お昼を食べたばかりだというのに、うちのタフなおばあさんからお茶したいと希望が出ましてね。けっこう歩いたからちょうどよいおやつになりました。ばあちゃんは何故かグリーンスムージーを飲んでおられましたw

このあとお土産を買って、車を走らせ、途中で先日ご紹介した551を買い、夜の琵琶湖を眺めながら夫とおばあさんはご飯を食べ、わたしは夫から少し分けてもらい(かわいそうな嫁じゃないよ、単にお腹空いてなかっただけよ)、渋滞にも巻き込まれず無事に帰宅いたしました。

今回は死ぬ前(今はたいへん元気ですし健脚です)に是非見てほしいという我々夫婦の猛プッシュによりおばあさんをやや無理やりに連れ出しました。行く前は正直憂鬱だったというおばあさんですが、結果的に楽しんでいただけたようで何より。お土産も誰よりもたくさん買っておられました。高齢者の購買欲すごい。

1600DSC_0316

うちには限定の手ぬぐいと、モネの池のポストカードにマグネット。


すぐ近くにホテルがいくつかあったので、次回はぜひ泊まりで行きたいです。鳴門海月別亭 シーサイドホテル鯛丸海月なら大塚国際の入場券つきプランというのもあるようなので、活用したいですね。なお通常のチケットは¥3,240とややお高め。コンビニなどの前売りは¥3.100ですので事前に用意しておきましょう。シニア割はありませんでした。

とにかく広いので、時間はゆったりとることをおすすめします!ツアーでは3時間で「たっぷり滞在」としているものもありますが、絶対に足りません。しっかり観るなら最低でも4時間は必要かなと思います。ご飯を食べたりお土産を見る時間も含めると、できれば5時間はほしいかな。

美術のことがあんまりわからないという方でも、絶対に見たことのある作品に出会えます。落穂拾いミレーとか、時計ダリとか。テストで覚えたことないですか?わたしもさっぱりわからんちんですが、知っている作品があると楽しめますし、知らない作品でもスケートしている絵とか

23 - 9 (2)

23 - 2

犬の絵なんかがあるとテンション上がりますし、解説を聞くと賢くなった気になれます。

脚が不安な方には車椅子の貸し出しもありましたし、ソファなど座れるところはたくさんあります。そこまで静かにしていなくてもいいし、作品に触ってもいいのでお子さんでも楽しめるかと思います。どの世代でも楽しく芸術に浸れる素晴らしい施設です。ぜひ行ってみてください!


ネクストフーディスト



miku_mainecoon at 08:00コメント(0) 

2018年10月03日

リトルワールドの肉フェスへ行ってきました!初のヘビ肉♡

おはようございます。
ネクストフーディストのミクぽんです。

IKEAに行ったあと、さらに走ってリトルワールドへ行ってきました!

1600DSC_0045

雲ひとつない晴天!!!

秋晴れ・・・っていうか、暑いです!日差しが痛い!日傘がないと真っ黒くろすけになりそうなくらい良いお天気でした

夫婦ともにリトルワールドは何年ぶり?というくらい久しぶりです。小or中学生で行ったっきり。わたしは家族で遊びに来て、父がドイツ館でビールを飲んでいた記憶しかありませんw

IKEAに行くなら、近いし行ってみるか!となって。しかも、肉フェスというイベント中なのですよ~!無類の肉好きとして、行かない理由はないよね♪

1600DSC_0049

まず石垣島。

1600DSC_0052

そしてアイヌの村。

日本の北と南を見て、インディアンのテントやトーテムポールを見て、なんだか地味な国々(スイマセン)が続いたところでペルーの豪邸。

1600DSC_0064

小屋(言い方)やセミオープンな展示が続きましたが、急に近代的な雰囲気!

アンティークなタンスやベッド、シャンデリアなどがとっても可愛くて、今すぐうちのインテリアと総とっかえしてもいいくらいステキでした。

1600DSC_0067

ペルーでお食事。

1600DSC_0069

カシューのジュースとミートパイ(イベント品)です!

カシューというのはなにかわからず頼んでしまいまして(名前から推察していちばん冒険してみた)。調べてみたら、あのカシューナッツの実なのだそうです。カシューアップルと言って、果汁をちゅうちゅう吸うんだそうですよ。

このジュースもおそらくそれなのかな?ジュースなのに粉っぽい!なんとも言えない知らない味ですが、例えるなら子供用の風邪薬。酸っぱくはないです。なんとなく甘い味でした。

ミートパイはもさもさの生地に、挽き肉らしきものがちょこっと。パンフレットによれば牛肉なんだそうですが、よく味がわかりませんでした。きっとペルー風の味付けなんだろう。

1600DSC_0072

バリ。なかなかそれっぽくできておるぞ。

バリの展示にはスコール体験というマシーンがありました!小学生男子が生贄になってくれたので、わたしたちは楽しく見学させていただきました。少年よありがとう。けっこう降ってたよ。

このあとお土産を見て、メキシコサーカスを見に一度入り口まで戻りました。

1600DSC_0074

再びの石垣島でサーターアンダギー。

運よく揚げたて!ふわっふわ!よくあるハードなオールドファッションのような食感ではなくて、本当に揚げたてでした。おばちゃんの技に感動。


サーカスはめっちゃ楽しかったです!

アクロバットな技をたくさん見せてもらいました。

拍手というか手拍子を煽られるので頑張るのですけれど、演技を見ながらだと拍がずれてしまって集中できない・・・!今さらだけど、スケートを見ながら拍手も完璧な観客の皆さんはすごいんですね。練習しなきゃ。

サーカスを見ている時点でかなり歩き疲れていたのですが、地球全体を見て回るために、出発!今度は山形(なぜ)から始まり、韓国、ブータン(だったっけ?)などなど。そしてアフリカの土壁の家を見て、一夫多妻制度すごいな~と感心し、ヘビの唐揚げ(イベント品)を食べました。

1600DSC_0078

ちっさw

パンフレットのイメージの半分もないくらいちっさい!

食感はものすごい弾力!大きい肉は魚の白身みたいなあっさりした味です。むっちむちで噛んでも噛んでも味が出てきます。小さい茶色の肉は血合いみたいな味。ジャーキーのような、ちょっとほぐれる感じがありました。

ちっさいけど存在感バツグンのヘビさん。

この時点で16時過ぎ・・・。ワールドは17時閉演でお食事は16:30まで・・・。

頑張って歩いてヨーロッパエリアまで辿り着きましたが、思ったよりおいしそうなものがない、しかもキャストは片付け始めてる!ってことで何も食べずに帰ってきました。

もちょっと、雰囲気をください・・・w


久しぶりに見て回ったリトルワールド。意外と時間が掛かりました。最後にお土産コーナーを見ていたらホタルの光が流れてきてしまった!初めて行くorじっくり見たい人は1日掛けてもいいくらいです。

今回はダイエットのために歩いて見学しました。1周2.5kmです。ですが、園内にはバスという便利な乗り物もあるので、時間のない方にはそちらをおすすめ!

食べ物は正直なところあまり期待できませんが、肉フェスは土日祝だけの数量限定メニューもあるので、もしかしたらそっちはおいしいのかも・・・。

建物はなんとなく、それっぽくなっています。行ったことのない国は、ここを見ておけば雰囲気は十分味わえました。行ったことのある国は「あ~。っぽいね。」という感じです。ちゃんと解説もあるので、読めば歴史や意味なども勉強できます。時間によってはガイドさんもいらっしゃるようです。

あーだこーだ言いながらとっても楽しい世界旅行でした。天気が良くて本当に良かったです。このところ旅行は曇天ばっかりなんですもの。家の近くだったら年パスを買ってもいいかなと思っちゃうくらい。写真を撮ったり絵を描いている人もいて、そういう楽しみ方もありだな!と。


お土産にインド虎の柄のトランプと本格的っぽいカレー粉を買いました。

帰りに寄ったカルディに、まったく同じカレー粉が¥100安く売っていたことは、この際ですから秘密にしません。

犬山市には温泉もあるんだそうですよ。知りませんでした。

次は明治村に行ってみたいな!


ネクストフーディスト 



miku_mainecoon at 07:00コメント(0) 

2018年09月25日

彼岸花を見てきました&「Asetmelクリーム・ミスト」モニターに参加中

おはようございます。
ネクストフーディストのミクぽんです。

今日はお出かけとモニター商品についてです。お料理はありません


★ただいまプラセス製薬ファンサイト参加中です★


1600DSC_0820


株式会社プラセス製薬さんよりAsetmelクリーム・ミストをプレゼントしていただきました。

プラセス製薬さんは美と健康をテーマに、サプリメントや化粧品、健康食品を開発している企業です。

今回モニターさせていただくAsetmelクリーム・ミストは、顔専用の制汗グッズ

わたしは代謝がよろしくないせいか、汗をかくのはいつも「顔から」。

本人の体感より絶対周りは「こいつずいぶん暑そうだな」と思っているに違いありません。

これ勘違いでもなんでもなく、夫にも「今そんなに暑い??」としょっちゅう突っ込まれますw

顔汗って見た目が暑苦しいだけでなく、化粧も落ちちゃうので困りますよね。

いつも顔の中心から崩れていくので、夏が終わるころわたしの鼻は黒い!!!!!

Asetmelクリーム・ミストは汗を抑えるだけでなく、さらさらパウダー配合でべたつきを軽減できるという優れものです。連休の真ん中は暑かったので、さっそく使ってみました。

使用方法はモニターの企画ページを参考にしました。

<クリーム>

①洗顔後、通常通り化粧水などでお肌を整えた後、適量を手にとりお顔全体になじませてください。
②その上から通常通りメイクをしてください。

<ミスト>

③使用前によく振り、お肌から10~15cm程度離して気になるところにスプレーして下さい。
②手のひらや指で軽くトントンとなじませてください。

クリームを開けてみるとこのような感じ。


1600DSC_0871


半透明でゲルっぽいです。

いつもの化粧下地と混ぜて塗ったあとはいつも通りにメイク。パウダーのあとにミストをしゅっとしてハンドプレスして終了です。

使用した日はなかなか暑い日。30℃くらいまで上がったと思います。午前中はショッピングモールを散歩し、お昼は庭でBBQ。けっこうアクティブに過ごしました。。


か ら の!!!!!


夕方は近所の矢勝川に彼岸花を見にいきました!

アラサーは元気です 

彼岸花の開花に合わせて「ごんの秋まつり」が開催されるので、大賑わいです。

ふだんでは考えられないような渋滞っぷりにびっくり。

近隣の駐車場はなさそうだったので、いちご農園に停めて歩きました(¥500かかりました)。


1600DSC_0843


週末が見ごろだったようですがまだまだキレイです。

ごんの秋まつり期間は出店ブースもあって、軽食や地元のちょっとしたお土産なんかも買えるようです。お土産には「生せんべい」がおすすめです!


1600DSC_0858


白や黄色(黄色はかなりレア)の彼岸花も見られます。

地元の方がお手入れしてくれているので、大切に見てください!

けっこう折れた花が落ちていて気になりました


ここの散歩コースがだいたい2kmくらいなので、往復すると4km!駐車場も少し遠いので、合わせるとかなりの距離を歩いたと思います。

いつもだったらハンカチであおいだり汗を拭うところですが、今回はその必要がありませんでした。

夕方で少し涼しくなってきたこともあったけど、わたしがパタパタしないなんて珍しい!もしかしたらAsetmelクリーム・ミストの効果だったのかもしれません。

顔汗はそんなにかかなかったけど、顔は赤かった~

また外に出かけるときに使用してみようと思います。


ネクストフーディスト

miku_mainecoon at 07:30コメント(0) 

2018年08月23日

ナガシマの花火

おはようございます。
ネクストフーディストのミクぽんです。


ナガシマリゾートに花火を見にいってきました!

ちょこっと時間があったので、アウトレットもちら見。


1600DSC_0278


夏の風物詩ですね~


1600DSC_0284


スマホなので、花火はキレイに撮れませんw

心と脳みそにしっかりインプットしてきましたよ。

いろいろな花火屋さんが来てくれるので、毎回個性的な花火が楽しめます。

おじさんの解説も何気に楽しみな夏のイベントでした!


1600DSC_0289


ねこちゃんズはお留守番。

ミクは特にびびりーなので、花火の音はNGです


8月中は毎週末に開催されるので、まだ間に合います!お近くの方も遠方の方も見にいってみてはいかがでしょうか。

お手入れされた芝生がありますが、敷物持参がおすすめです。お酒やフードは近くの屋台や、敷地内にコンビニがあるので、一杯やりながら花火鑑賞もできます。わたしは毎回飲んだくれですw

午後から券なら大人¥1,200。夜から券なら¥800で入れるので、乗り物には乗らなくても楽しめますよ♡

ふたりならこのシートでゴロ寝できます^^*


ネクストフーディスト 





miku_mainecoon at 07:30コメント(0) 
プロフィール

ミクぽん

2018/4 ネクストフーディスト1期生

2009/4 金融機関
2014/1 結婚
2015/9 専業主婦
テキトー・ズボラ・めんどくさがりですが食欲旺盛なので自炊しています。カルディやコストコ巡りが好きで、珍しいものに惹かれます。
趣味はフィギュアスケート観戦(ライストがメイン)です。愛猫のメインクーンもときどき登場しますので見てください♡

レシピブログ
皆さんのステキなレシピがたくさんあります。
  • ライブドアブログ